• トップ
  • コラム
  • せっかくの財布やバッグにべたつきが!その原因と予防法

せっかくの財布やバッグにべたつきが!その原因と予防法




「ヴィトンはべたつきができやすい」

こんなことを聞いたことはないでしょうか?


ヤフーオークションやメルカリなどのフリマアプリを見ていると、
ヴィトンの商品で「べたつきあり」というような記載を結構目にすることが多いと思います。

そうです。。。

ヴィトンはべたつきが出来やすいのです。


これからヴィトンを購入する予定のある方、
購入して押し入れやクローゼットに入れてる方は要注意です!

購入して押し入れやクローゼットに入れてる方は、
すぐにヴィトンを取り出してみましょう。

べたつきの原因は?

ヴィトンの生産は主にフランスを中心にした欧州になります。
欧州は日本と比較しても湿気の少ない国々がほとんどであり、
最近では日本の湿気を考えれてもいるようですが、
これまでは日本特有の湿気を考えて生産されることもありませんでした。

べたつきの原因は、内側に貼られた合成皮革(ビニール)の経年劣化による加水分解であり、
湿気のせいでべたつきが出てしまうと劣化が進む一方で対処することがとても難しくなります。


「大切なバッグだからこそ大事にしまっておいたのに。。。」

押し入れやクローゼットの中は湿気が多いので、
しまっている方は要注意なんですね!

「傷をつけたくないからたまに使う」というよりも、
使ってあげて外の空気に触れさせることのほうがバッグにとってはとても大切なんです。



~注意すべきところ~

クローゼットや押し入れの中に入れたままで、
保存袋と箱の中に丁寧にしまっておくのはNG!

べたつきの対処方法は?

・直接日が当たらない、日影で保管。

・財布の場合は、ポケット部分に紙をはさんで保管。

・バッグの場合は、型崩れ防止にも効果的な紙を詰めて乾燥剤を入れて置く。
(乾燥材は100円均一にも売ってますね!)
型崩れは防止の紙は新聞紙よりも白紙の紙がおすすめです。
万が一、べたついた際に新聞紙でストバッグにインク写りすることもあります。

・使い終わったバッグは中身をすぐに全部出してから、
小さなブラシでホコリや汚れをかきだすようブラッシングしましょう。

・ときどき取り出して風を通しをする。又は時々使ってあげる。



ルイヴィトンでのべたつきの張り替えはとても高価になります。
なるべく張り替えにならないよう日頃のお手入れが必要ですね!